ファクタリング

期日現金の仕組みとは?手形との違いから特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説

  1. HOME >
  2. ファクタリング >

期日現金の仕組みとは?手形との違いから特徴やメリット・デメリットなどを徹底解説

期日現金
最近、商取引の方法として期日現金を利用する企業が増加しています。

まだまだ切り替えているのは大手企業が多いですが、誰が相手でも柔軟な対応をとるためにも、期日現金がどのような決済方法であるのかは知っておいたほうが得策です。

そこでこの記事では、期日現金の特徴やメリット・デメリット、いざというときの資金調達方法などの情報を徹底解説していきます。

期日現金とは?

期日現金とは、物やサービスなどを提供し、その代金を決められた期日に銀行へ振り込んでもらう信用取引方法です。

また、期日現金には「支払いまでの期間が長く設けられやすい」という特徴があります。

たとえば、売掛による取引を行った場合、通常は締め日から「30日程度」で入金が行われるのが一般的です。

しかし、期日現金は「60日」や「90日」「120日」というように、売掛と比較すると比較的長めに設定されるケースが多くなっています。

期日現金と手形(約束手形)との違い

期日現金は、しばしば手形(約束手形)と同じ取引方法と勘違いしてしまう方もいらっしゃいます。

確かにどちらも似ている取引方法ですが、実際には異なるものであるため注意が必要です。

まず、期日現金は、手形を発行することはありません。

また、期日現金は「60日」や「90日」「120日」というように、固定の支払期日を設定するだけで金融機関を通す必要もないため、その点は手形よりも利用しやすくなっています。

期日現金のメリット・デメリット

期日現金にはメリットもデメリットも存在します。できるだけ有効に活用するために、どちらも把握しておきましょう。

期日現金のメリット

コストを軽減できる

たとえば、約束手形を発行する場合、手形発行に伴う印紙代や手形管理費がコストとして発生します。

これらのコストは、発行から支払いまでの期間、売掛金の金額などによっていくらかかるかは異なってきますが、少なくても数千円、場合によっては数万円もの負担がかかる可能性があります。

しかし期日現金の場合、手形の発行が不要であるため、これらのコストを削減することができるのです。

またこの点については、事業者と取引先企業双方にとってコスト削減に繋がるものですが、手形を振り出す側のほうが特に受ける恩恵の強いメリットであるといえます。

ファクタリングによる資金調達が可能

通常、期日現金は、決められた期日に取引先から入金がなければ現金を手にすることはできません。

ちなみに、手形(約束手形)による取引を行った場合、満期を迎える前の手形でも手形割引を行うことによって、支払日前であったとしても現金化することができます。

そして、期日現金の場合は、手形割引を行うことは不可能なのですが、その代わりにファクタリングを活用することにより、期日前でも現金化することが可能となっています。

期日現金のデメリット

柔軟性に欠ける

期日現金は、柔軟性に欠ける取引方法です。

まず、期日現金は、売掛金回収時期を期日以前に調整することができません。決められた期日にしか現金化することができないためです。(例外として、ファクタリングの活用したときのみ期日前の現金化が可能)

しかし、手形決済の場合は、手形割引や回し手形などを活用することで期日以前の調整も可能です。

よって、期日現金を利用する場合は、通常は期日調整ができないという点を理解しておく必要があります。

期日現金の場合、万が一取引先の入金が遅れたり、入金がなかった時には、それに代わる資金を自分で補完しなくてはいけません。

手形取引の件数が少ない場合はメリットが小さい

期日現金の最大のメリットは、前述の通りコストを軽減できる点にあります。

しかし、そもそもの事業が小規模、あるいは取引件数が少なかった場合、手形取引の件数自体が少ないことも考えられます。

この場合、印紙代や手形割引手数料コストもそこまで膨れ上がることはないでしょう。

期日現金はコストの軽減に期待できますが、「印紙代や手形割引手数料コストがそこまでかからない」というケースでは、期日現金へ切り替えるメリットが小さい可能性もあります。

場合によっては、柔軟性や利便性の高さという面で、手形での取引のほうがメリットは大きいかもしれません。

ですので、もし期日現金の利用を検討している方は、コスト面を試算した上で決定した方がいいでしょう。

売掛先からの入金がない!そのようなトラブル時にはファクタリングがおすすめ

掛取引を行う異常、未回収リスクに関しては常に想定しておかなくてはいけません。

取引先がどのような優良企業でも、取引先が経営難、もしくは倒産となれば、売掛金を回収できない可能性はあるためです。

また、期日現金で取引を行っていた場合、手形のように金融機関で早期資金化することも困難であるため、急に取引先からの入金がなくなってしまえば大変です。

特に、中小企業の場合は、資金繰りの悪化、場合によっては黒字倒産なんてことにもなりかねません。

そんな、窮地をしのぐために有効な資金調達方法が『ファクタリング』となります。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社へ売却し、現金化する資金調達手段です。

このファクタリングですが、実は期日現金も買取対象としているため、仮に期日前に資金が必要となった場合にも、ファクタリングを活用すれば資金化することが可能となっています。

むしろ、手形のように融通が利かない期日現金は、ファクタリングだけが唯一期日前に資金化できる手段であるといえるでしょう。

メリットの多いファクタリング

ファクタリングは、資金繰りが厳しくなりがちな中小企業にとって、大変メリットの多い資金調達手段です。

まず、期日現金であっても、最短ならばファクタリングを申し込んだその日のうちに資金化することが可能となっているため、急遽現金が必要となった場合にも対応することができます。

また、審査は売掛先の与信に対して行われるため、仮に赤字経営であったとしても利用することが可能です。

銀行などの金融機関では自社の経営状況が審査に直結するため、これはファクタリングだけのメリットであるといえるでしょう。

売掛金の未回収リスクを回避することができる

売掛金は必ずしも回収できるとは限らないものです。

たとえば、売掛先が倒産してしまえば、これから入金される予定であった売掛金の回収も困難となってしまうでしょう。

そのようなリスクを回避するためにも、ファクタリングは最適です。

売掛金をファクタリングし、早期資金化しておくことにより、未回収リスクを回避することが可能となります。

期日現金は手形取引の多い企業のコスト削減につながる

期日現金にもメリットはあります。

特に、事業規模が大きく、手形での取引件数が多い場合、大幅なコスト削減に繋がる可能性が高いです。

しかし、決して利便性のいい取引方法ではないため、取引先からの入金が困難となった場合に備えて、別の資金調達方法を確保しておくことがリスクヘッジとなります。

ファクタリングならば期限現金でも買取対象としており、いざというときは早期資金化することができるため安心です。

期日現金を利用する場合は、ファクタリングを活用することも視野に入れておくことをおすすめします。

おすすめの優良ファクタリング会社

最短24時間以内で現金化!クラウドファクタリングはOLTA

OLTA(オルタ)は全国の中小企業・個人事業主に対応し、申し込みから契約までの手続きすべてがオンラインで完結するファクタリング会社です。

オンラインなので地方の企業や個人事業主でもネットから申し込み可能で、周りの取引先にも知られることはありません。

【OLTAはここがおすすめ】


・オンラインで周りの取引先にバレない
・個人事業主様でも利用可能
・手数料が業界最安水準
・最短即日資金化が可能
・少額のファクタリングにも対応

※個人の方はご利用になれません。


非対面ファクタリングはウィット

ウィットはファクタリング業界の中でも数少ない、非対面契約に特化したファクタリングを提供しています。

ファクタリング会社は一度面談や会社への訪問しなければならない場合もありますが、ウィットは非対面ファクタリングのため、お忙しい方や遠方の方にも喜ばれております。

しかも、全国対応なので売掛先様にファクタリングした事を知られずに契約完了する事も可能です。

もちろん、個人事業主も可能です。

【ウィットはこんな方におすすめ】

・新規事業で資金が不足している
・業績悪化や税金滞納などで融資が受けられない
・取引先の倒産で資金不足が予想される
・手形決済が多く、資金繰りがよくない
・信用情報に問題があり、金融機関からの融資が難しい
・急激な売上増減により、資金ショートに陥っている

資金繰りにお悩みの方へ、最短翌日対応のビートレーディング

ビートレーディングは個人事業主や中小企業のもつ売掛金を買い取るファクタリング会社です。

【ビートレーディングはここがおすすめ】


・売掛金があれば個人事業主OK
・日本全国対応
・契約件数は業界トップクラス
・審査通過率98%
・郵送契約可能
・最大買取金額3億円


24時間365日対応のファクタリングは【えんナビ】

えんなび

えんナビは、24時間365日最短1日の資金調達が可能なファクタリング会社です。

個人事業主、法人経営者問わず売掛金をお持ちであれば売掛金を最短で即日資金化が可能です。

買取対応額も50万~5千万と小額から可能です。

【えんナビはここがおすすめ】


・個人事業主様でも利用可能
・償還請求権無しの完全買取
・赤字決算OK
・税金滞納も問題なし

おすすめファクタリング関連記事

ファクタリング 来店不要 1

ファクタリングを即日で契約したいけど、近くにファクタリング会社がなくて頼めないし、移動だけで往復の交通費がかかってしまい勿体ない。 資金繰りのためにいざ、ファクタリングを申し込もうとした際に、面談が必 ...

ファクタリング土日対応 2

会社の資金繰りは気にしていれば、ここ数日で急に悪化するということがありません。 しかし、取引先の経営悪化や新規の事業投資などでまとまった資金が急に必要になることはよくあります。土日も関係なく資金繰りを ...

ファクタリング個人事業主OK 3

ファクタリングは企業の資金調達の方法として利用が急速に増えています。しかし、ここ数年普及するまでは、詳しい申し込み方法やメリット・デメリットが知られることがありませんでした。 ファクタリングに関する多 ...

審査早いファクタリング 4

ファクタリングを利用する最大のメリットは、一般的な金融機関からの融資などに比べて手続きの速さと簡便さです。 最短で即日で資金調達が可能なファクタリングは、お持ちの売掛金などの債権を専門のファクタリング ...

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングとは?をわかりやすく解説!即日現金化可能なファクタリング会社を比較|factoring delta , 2020 All Rights Reserved.